コンデジのカメラポーチにも使えるETSUMI キルティングポーチ

今回はETSUMIから販売されているキルティングポーチを紹介したいと思います。ヨドバシのカメラコーナーで見かけたことはあったものの、その佇まいにカメラ業務用という印象を強く感じていました。

これが使ってみると意外にも重宝することになったので、紹介したいと思います。

ポーチをポチっとな、、、

もともとはXF35mmF1.4などの小さなサイズの単焦点レンズをカバンに入れて持ち運ぶために購入しました。
サイズはS, M, Lがあります。

Amazonから届いたものの、「あれ?Sサイズのポーチ、想像してたより大きい」というサイズ感。改めてよく調べてみると、注文して届いたのはカメラ用品用のポーチで、レンズ用のポーチは別にあるようです。買い間違えた。。。

Sサイズはミラーレスの標準ズームレンズ(上の写真はXF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS)なら、スポッと入ってしまう大きさで、小さな単焦点レンズだとやや大きすぎる。

未開封段階でサイズ感が分かったので、返品しようかと考えていたところ、X70がほぼ同時期に手元にやってきました。それならせっかくだし返品せずに良さそうなポーチが見つかるまでこれを使おう、ということに。

で、いざ使ってみると、これが、、、、便利!!!

キルティングポーチの良いところ

柔らかくて丈夫な素材

生地の厚みはあまりありませんが、程よいクッション性を備えてる。しかも容易に破けることはなさそうで丈夫です。これがこの商品の最大の特徴だと思います。

ポーチに何も入っていないならコンパクトに折りたたんでカバンの隅に収納できますし、小物程度ならポーチの余った部分を折りたためばさほどかさばりません。

レンズなどのカメラ用品のキズ防止の間仕切りとしての役割は担ってくれる安心感はあります。ただし落下の衝撃には耐えられないと思いますので注意したいところです。

ガシガシ使っても、気にならない

ポーチ単体ではなくバックの中に入れての使用に限りますが、カメラ系の小物を入れて気軽に持ち運ぶにはオススメです。

価格はこなれていますし、見た目を気にせずガシガシ扱えるという気軽さがあります。粗雑に扱うという意味ではなく、色んなカバンに気兼ねなく入れ替えて持ち運ぶ。そんな使い方が出来ると思います。

好きなカバンやバックに入れられる

Sサイズなら普段使いしている通勤カバンやお気に入りのカメラバックにポイっと入れて持ち運べます。

私はこのSサイズのポーチにX70本体と予備バッテリーを入れて、通勤カバンやお気に入りのショルダーバックに忍ばせて持ち運んでいます。

キルティングポーチのイマイチなところ

防水防滴ではなさそう

ETSUMIの公式ページには記載がないので、防水防滴を求められる方は気をつけてください。フタを閉じる部分も紐で縛るだけの簡易な造りですので、私はそういった目的では使わず、あくまでもカバンの中に入れておくポーチとして使用しています。

オシャレとは言い難い

オシャレというデザイン性を備えているとは言い難いので、所有感はないかもしれません。ですが、使い勝手が気に入れば汎用性もあり手放せなくなるポーチです。私はX70用にオシャレなケースを探そうと考えていたのですが、このポーチで満足してしまいました。

気兼ねなく使えるカメラポーチ

カメラのサイズにも寄りますが、お気に入りのバックだけどインナーケースが入らない、、、間仕切りがない、、、という方には、ETSUMIのキルティングポーチは良いアイテムとなるかもしれません。

私の場合はせっかくコンパクトなデジタルカメラのX70なのだから、普段使いのカバンに入れて持ち運びたかったので、このポーチは最適でした。レンズを入れて使うこともあります。

ただ教訓として、買い間違いにはくれぐれも気をつけたいと思いました^^;