梅かおる万博記念公園に、カメラとお出かけ(X70)

X70, 1/300, F2.8, ISO400, PROVIA

2月の頭に大阪吹田市の万博記念公園へ梅を見にお出かけしました。どちらかと言うと、梅を愛でに行きたいという気持ちよりもX70を持って出かけたいという欲の方が優っていました。まだまだカメラという機材を使っているだけの段階なんだなと気がつきました。お恥ずかしい。

カメラやレンズとの真面目なお付き合いは、新しいものを手に入れてウキウキしている熱が冷めたときから始まるんだと最近になって思うようになりました。X70との出会いが良い未来になると信じて、撮った写真を振り返ってみます。

太陽の塔と季節の花がお出むかえ

X70, 1/680, F5.6, ISO400, PROVIA

入場ゲート中央口から入ると目の前に太陽の塔がドドーンとお出むかえ。万博記念公園は何度も訪ねているのですが相変わらず慣れない大きさです。結構な迫力。
入場券と一緒にまずは1枚。X70はとかく程よい重さのカメラなので、片手で持っても腕がプルプル震えることがありません。(腕力には個人差があります。)

X70, 1/4400, F2.8, ISO400, PROVIA

長らく工事していた太陽の塔の施工もようやく落ち着き、目の前の広場は青々とした芝生と、季節のチューリップが綺麗に咲いていました。こんなアングルで撮れるのもチルト機構を備えたX70ならではの画です。

万博記念公園は広い敷地を利用して年中季節の花を愛でることができます。
敷地内はとても広くて迷子になりやすいです。
入り口付近には季節の花が咲いているエリアの案内図があるので、必ずそれを参照していくことをオススメします。公式ホームページにも開花情報が掲載されているので、要チェック!

梅かおるエリアへ

中央口から入って太陽の塔を横目に左手に進んで行くと、橋を渡った先に梅の木々が植ったエリアが見えてきます。

X70, 1/900, F5.6, ISO400, PROVIA

興奮でピントが定まっていません。

X70, 1/680, F2.8, ISO400, PROVIA
X70, 1/640, F5.6, ISO400, PROVIA

見たところ5〜6部咲きくらいでしょうか。暖冬なのでたくさん咲いてるかなと期待していたのですが、満開にはもう少し時間がかかりそうでした。

X70, 1/850, F2.8, ISO400, PROVIA *デジタルテレコン50mm

デジテルテレコン50mmに設定して、マクロ撮影。楽しい。花びらのふわっとした柔らかさが表現されています。
風で梅の木々が揺れているので、被写体ブレに注意。家に帰って確かめてみると何枚かピントが抜けた写真がありました。

X70, 1/2000, F2.8, ISO400, PROVIA
X70, 1/450, F7.1, ISO400, PROVIA

梅エリアの裏手に竹が背伸びしていました。
この日は天候に恵まれ風も穏やかで、見上げた空がもうすぐ春を予感させてくれました。気持ちが良い。

森の空中観察路「ソラード」に登る

梅以外にも菜の花が見頃だという情報をキャッチしました。

がしかし、地図をろくに確認しなかったので逆方向に進んでしまいます汗。

X70, 1/240, F8, ISO400, PROVIA

方向を間違っていることに気がつかずに歩を進めていると、 「ソラード」という森の空中観察路を発見。面白そうな景色が見れそうなので、幼少に還った気持ちでワクワクしながら階段を登ります。

X70, 1/340, F2.8, ISO400, PROVIA

道中、吊り橋があったり。でもしっかりした造りなので、全く揺れません。

X70, 1/1400, F2.8, ISO400, PROVIA

森の万華鏡。覗くと森の緑が鏡の中で反射します。

X70, 1/250, F5.6, ISO400, PROVIA

展望台の頭が遠くに見えてきました。

X70, 1/640, F2.8, ISO400, PROVIA

展望台に着く手前に、通路が板一枚の吊り橋を渡ります。やはりここも強固な造りなので全く揺れません。子供連れの来園者もたくさん訪れているので安心です。

X70, 1/3000, F2.8, ISO400, PROVIA
X70, 1/400, F7.1, ISO400, PROVIA

展望台からの眺めはなかなか壮観でした。遠くにエキスポシティの観覧車と太陽の塔が見えます。
今まで何度か万博記念公園には来ているのですが、こんなに目立つ展望台に一度も気がつかなかったのが不思議です。

菜の花を求めて

さて、ようやく菜の花エリアとは真逆の場所にいることに気がつきます。

足早に菜の花エリアへと向かいます。
斜光が差し込み、光と影が強くなる好きな時間帯になってきました。

探していた菜の花エリアは、ソラードとは逆方向。中央口から右手に進むとありました。

X70, 1/1250, F2.8, ISO400, PROVIA
X70, 1/500, F2.8, ISO400, PROVIA

X70の広角レンズを活かして菜の花畑全体を写すのも楽しいですし、10cmまで寄っての近接撮影もできるのでマクロ撮影も楽しめる。

X70, 1/1000, F2.8, ISO400, PROVIA

X-Pro2持ってくれば良かった〜、てならなかったんですよね。どうしよう。

ようやくX70とお出かけできました。

レンズ交換式ではなく単焦点レンズ固定のコンパクトカメラなのに、やはり機転の効く優等生。一台でも十分に色んな表情を撮影できることが分かりました。そしてPROVIA、良いです。完全にハマりました。これもまたFUJIの病なのでしょうか。

 

万博記念公園は通年で季節の花を愛でることができるので、お出かけ先に困ったら、万博記念公園もその候補に入れてみてください。ポートレート撮影に来られている方もたくさんお見かけしました。

そう言えば、太陽の塔の内部見学はまだ行ったことがありません。次回は予約して行ってみようかな。